この記事は旧サイトで公開された記事の再掲載です。

2012年4月19日(日) お待たせました。初マダイです!

豪雪に明けくれた冬も過ぎ去り、桜前線北上とともにマダイ釣りシーズンの開幕であります。ワクワクする今年の初マダイ釣行は「玄武丸」です。気心の知れた愉快な仲間たちと大漁を期しての出漁ですが、昨年の初釣行よりも早めの出漁に、マダイのご機嫌が気になります。

午前4時、久しぶりの「玄武丸」に6名のメンバーが乗船しポイントに向かいます。実は…、「玄武丸」は前日に初漁を終えていて、この日は二度目の出漁でした。「玄武丸」初日は、マダイ3枚がヒットしたものの、手にできたマダイは1枚だけで、他の2枚は無念のバラシだったそうです。

沖に出ると幾分風があるものの、釣には影響なしです。魚群探知機にいくらかのマダイの反応を認めて、早速、“ジグ”をキャストしてマダイに誘いをかけていきます。しかしながら、まだ水温が低いのか、はたまた潮回りが悪いのか一向にヒットがありません。黙々とリーリングを繰り返すメンバーにもアタリすらありません。

船上にしばしの沈黙が流れ始めたとき、ロッドに微かな当たりが・・・。「ヒットだ!」焦ることなく“巻きアワセ”をくれてやります。マダイの足掻きに合わせて、ドラグを唸らせながら慎重にマダイと駆け引きします。ギラギラと魚体を輝かせながら浮いてきたマダイを手にしたとき、心なしか手が震えていました。そのサイズ納得の“63センチ”やったぜ初マダイ!!

20120419①

月ではありません。
日の出なのですが、雲が厚くてお月さん状態となっております。

初マダイを授かるよう、リーリングの手を休めて思わず“合掌”です。
20120419②

祝・初マダイ!

水深60メートル、30メートルラインでのヒットした
“ナイスバディ”

生簀に入れて、再度、朝日に合掌(笑)

この日、唯一のマダイとなりました。
20120419③

プロトタイプで〆ます。
2ミリ厚のブレードで、容易く太くて丈夫なマダイの中骨を切断できます。 “凄いぞ!”

近々、発売予定です。お楽しみに!
20120419④

帰宅後、捌きにかかります。

まずは、エラを取り除きます。
鼻歌交じりに作業がはかどります。

このプロトタイプは「波刃」を備えているモデルです。
20120419⑤

頭を切り離します。
すでに船上で中骨を切断しているためこの作業は容易です。
向こうに見える「出刃シャチ」は、先日発売された“両刃”の「出刃シャチ」です。

今日は、この両刃のシャチもテストしてみます。
20120419⑥

三枚に卸します。

いとも簡単に卸すことができます。まったく問題なし!
20120419⑦

出刃シャチでも、三枚に卸してみます。

結果は、大き目のブレードサイズを感じさせないブレード機能を発揮してくました。

エッジが骨に当たる感触をストレートに手に伝たえてくれるため、繊細な卸し作業を可能にしてくれています
20120419⑧

こちらはお馴染みの「出刃シャチ」ですが、先日発売された“両刃”タイプ

頭(兜)を割るとき“両刃”タイプが如何に有効であるか、改めて納得させられます。勿論、その他の作業でも…。

両刃ゆえに、真っ直ぐ(ブレなく)切断することができるのです。
20120419⑨

「両刃・出刃シャチ」と「プロトタイプ」

とてもいい仕事をしてくれました。

今回使用してみて、両刃の「出刃シャチ」も自信を持ってお勧めできます。

サビナイフ-8(マキリ)
20120419⑩

お刺身の柵もできました。

皮を引くのも、とても良い感じでできました。

定番の「アラ煮」と「お刺身」、「漬け」と「漬け丼」を堪能しました。

錆びにくさ重視の包丁はこちら
サビナイフキッチン2ブラックブレード

切れ味と軽さ重視の包丁はこちら
ニャイフキッチンブラックブレード牛刀サーバルキャットver1

切れ味と刃持ちの良さ(長期間研がなくても切れ味維持)重視の包丁はこちら
紫電一閃 ZDP-189カーボン柄牛刀サーバルキャット②