この記事は旧サイトで公開された記事の再掲載です。

2012年6月30日(土曜日) 爆釣せず・・・。サビナイフ・チヌで捌く!

釣行前日、級友からの情報によると、夕方、2人で出て2枚と9枚の釣果とのこと。良い群れに当たったようです。今週は天気も良さそうだし、これは爆釣の兆しか!と意気込んで乗り込んだ早朝4時、ホームグラウンドの海は濃いガスに覆われ、前日までとは一変、冷たく湿った風に包まれています。何故か週末は天候が良くないのです。それでも前日の状況から、ベイトの群れに当たればその下にはデカマダイも付いている筈です。

魚探で広範囲を探りますが、反応がありません。開始から2時間30分、ようやくメンバーにヒット!なかなかのサイズに思わず笑みがこぼれます。リーリングする手に集中力を増していきます。と、微かなアタリ、ヒットです。しかし、合わせ損なったのか本掛かりせずバラシ・・・。「下手くそめ!」自分に激をとばします。

次にヒットしたのはチャリコと呼ばれる小物、さっさと生簀に放り込んで次を狙います。リーリングを繰り返す手にアタリ、ヒットだ!反射的に巻き合わせします。途端にドラグが唸ります。一気に数十メートルのラインが引き出されます。その走りに青物と判断、ラインを切られないように慎重にやり取りしますが、痛恨のバラシ・・・。何故だ?ドラグは締め過ぎてはいない筈だし、合わせも決まっていた筈だし、はず、はず・・・??。ジグを見てようやく原因が判りました。フックのポイントが鈍ってしまっていたのです。

何てことだ、まったくの不覚です。普段使わないカラーのジグとはいえ、使用前にフックの確認を失念していたなんて・・・。ルアーは使用後、真水で洗って不具合がないかその都度確かめてからルアーケースに入れているのですが油断でした。新しいフックに付け替えて気持ちも切り替えます。しかし、いい引きだったな~。フックを交換後すぐさま次がヒット、そこそこの引きでサイズアップの40センチオーバー。さらにサイズアップを狙いキャストを繰り返しますが今日はここまで。

小物ではありますが2枚を授かりました。「玄武丸」にてボウズなし継続中なり。「玄武丸」今日もありがとう!北の守護神に感謝・感謝。

20120630①

ようやくヒットしました。(笑)
サイズは、今日一番の大物。テクニックですな!

釣果はこの1枚だけ、もう少し数が欲しかったな~。でも、満足の笑顔です。
20120630②

1枚目の「チャリコ」からサイズアップできました。でも、40センチオーバーの小物ですけどネ。
あの、バラシがなければ・・・。(無念)

最後まで、ベイトの群れには遭遇できませんでした。
20120630③

「玄武丸」船長にヒット!
見よ、このロッドワークを・・・。

いい撓りしてるでしょ。(笑)
20120630④

どうだっ!
薄い反応の中、攻めのテクニックでヒットに持ちこみました。ハッハッハッ。

玄武丸」次もよろしくね~。(願)
20120630⑥

本日授かったマダイ2枚

小型ながらも綺麗なマダイです。
先日発売されたサビナイフ「ティピー」と「ニンフ」

船上での〆には、サビナイフ4「出刃シャチ」が活躍です。
20120630⑧


サビナイフ「チヌ」で三枚卸しにします。
どうです、エッジの切れ味が良いので身がピカピカしてるでしょう!

サビナイフ・チヌ

全長:178mm ブレード長:82mm 重量:30g 
刃厚:2.5mm
20120630⑦

な、なんと!サビナイフ・チヌで、40センチオーバーのマダイの頭を割ることができるんです。

ということは、スーパーで買うことのできる丸ごとの魚(大体大きさは40センチくらい)の殆どは、サビナイフ・チヌで捌けてしまうということになりますね。

小振りなブレードながら、強靭です。
20120630⑨

チャリコ・マダイはもちろんですが、40センチオーバーを容易く捌いてしまう「チヌ」の実力には驚きです。

どうです綺麗に捌けているでしょう?凄いパフォーマンスを見せつけてくれました。エッジには、まったくめくれなどありませんでした。
20120630⑤

お刺身には、サビナイフ「ニンフ」を使用しました。フィレタイプの真骨頂ですね。
サビナイフ・ニンフ 全長:192mm ブレード長:96mm 重量:30g 刃厚:1.5mm

サビナイフ「チヌ」「ティピー」「ニンフ」このシリーズも自信をもってお勧めできますね。

錆びにくさ重視の包丁はこちら
サビナイフキッチン2ブラックブレード

切れ味と軽さ重視の包丁はこちら
ニャイフキッチンブラックブレード牛刀サーバルキャットver1

切れ味と刃持ちの良さ(長期間研がなくても切れ味維持)重視の包丁はこちら
紫電一閃 ZDP-189カーボン柄牛刀サーバルキャット②