この記事は旧サイトで公開された記事の再掲載です。

2013年5月18日(日) お待たせいたしました!

いよいよ「マダイ」のシーズンが始まりました。しかしながら、乗っ込み状況は例年よりも遅れていて、さらには悪天候の影響もあって思うように出漁できないでおりました。そんな中、ようやく好天に恵まれて初出漁となりました。久し振りの「玄武丸」です。 想えば昨年の初出漁も「玄武丸」でしたが、さてさて今年の初マダイのご機嫌や如何に。

当日、「玄武丸」は早朝4時の出港だったのですが、僕は諸般の事情により重役出勤?の7時過ぎの乗船です。なので、朝一のゴールデンタイムはとっくに終わっています。他のメンバーはすでにいいサイズのマダイを手にしていて、みんなニタリ顔です。遅れを取り戻すべく“いざっ、出港!”なのですが・・・。昨晩は初釣行を前に興奮してなかなか眠ることができず完全な寝不足状態、おまけに頭が頭痛?に襲われて不調この上なし(笑)。それでも海に出てしまえば不思議と気分は爽快で、釣り人の性を痛感します。

さて、ポイントに到着し今年の第一投です。手にしたジグは、何故か今まで殆ど使用実績のないカラーを選択。朝一のゴールデンタイム同様に深場を攻めますが、まったく反応がありません。時間だけが過ぎて次第に焦りが出てきます。というのも、今日は午後にも所用があって時間制限つきの釣行なのです。

深場に見切りをつけ思い切って浅場に移動することにしました。そして、この玄武丸船長の判断が良かった。リーリングを繰り返している手に久し振りの感触、反射的に巻き合わせをくれてやります。抗うマダイの引きがラインとロッドを伝ってビンビン響いてきます。ドラグが鳴りラインが引き出されていきますが、決してここで焦ってはいけません。ましてや初マダイです。絶対バラスものか!無理せず慎重に時間をかけて引き寄せます。格闘しばし、ようやく姿を見せたのは60センチオーバーの見事な乗っ込みマダイです。なんとか一枚を授かるものの、その後二枚目を手にすることなく終漁タイム。

一足早く下船です。遅く来て早上がり。その都度メンバーのみなさんには釣りを中断させて迷惑をおかけしてしまいました。
20130518①

慎重に、慎重にやり取りを繰り返して授かった初マ
ダイです。どうです、見事な男前の海峡マダイでしょ

ありがとう「玄武丸」(感謝)また、よろしくお願いしま
す。
20130518②
繰り返されるキャストとリーリング

そして訪れるヒットの瞬間、まさに歓喜の瞬間です。
根元まで絞り込まれるロッドに注目!
20130518③
走られては巻き、巻いては走られ・・・。悲鳴を上げ
ていたドラグ音もおさまり、観念して姿を見せたマダ
イ。

大きく弧を描いて上がってきます。ギラッ、ギラッと
輝きながら。
20130518④
どうよっ?

乗っ込みのナイスサイズ!デカマダイです。
20130518⑤
正面からのショット。怪物じゃないよ。マダイだよ~ん(笑)
20130518⑥
みなさん、いい笑顔してますね~。今日は何枚釣っ
たかな?
20130518⑦
いくらかのバラシはあったものの、いいサイズをしっ
かりものにしました。
20130518⑧
百戦錬磨!ヒットの瞬間のアワセは見事としか言い
ようがありませんでした。しっかりと見せていただきま
した。我が、良き友よ(笑)次もよろしく!!

後半のレポートでは、「ニューサビナイフ」での〆や調理の様子を紹介します。どうぞお楽しみに!


ニューサビナイフ4①