この記事は旧サイトで公開された記事の再掲載です。

2013年6月1日(土) ヤマセ強し・・・。

今日は「玄武丸」での釣行です。
先発隊は早朝3時(世間では、まだ真夜中)出港ですが、僕は前回と同様の7時過ぎの出勤?です(笑)。朝一の状況は、ベイトの鰯がたくさん見えていた割には、マダイの当たりは極めて薄く2枚の釣果で不調だったそうです。

「玄武丸」に乗り込むと、今日はこれだ!と、ある仕掛けを手渡されました。これは?と聞くと、マダイが不調だからカレイを釣るとのこと。そんなにも不調なのか~と思いつつも、その仕掛けを丁重にご辞退。いつものジグをキャストします。

プロアングラー田辺哲男氏のモットーである“Go for it!”“Keep Casting!!”を実践するのだ。と半ば強がりながらキャスティングとリーリングを繰り返します。するとどうでしょう、信じる者は救われる。いえいえ、“Keep Casting”キャストしなきゃ始まりません。

コツン!と小さなアタリ、ヒット!です。でも、マダイ特有の引きには違いなのですが、簡単にリールを巻くことができます。手許に上がってきたのはなんと“チャリコ”と呼ばれるミニサイズのマダイでした。しかし、たとえミニサイズでもマダイはマダイです。低コンディションの中、マダイが釣れたことに驚いているメンバーの一人にもヒットです。サイズは残念ながら・・・こちらもチャリコ。ミニサイズとはいえマダイが続けて2匹です。カレイを狙っていた他のメンバーも再びマダイを狙い始めました。

そして、ついにリーリングを繰り返している僕の手に強いヒットの手応え、瞬間、巻きアワセをくれてやります。ロッドが見事に大きく弧を描きます。アワセの手応えは十分です。引きの強さからかなりの大物であることが判ります。慎重なやり取りを繰り返しますが、今日は潮の流れが速いため、潮の抵抗と魚の引きの強さが相まって、このファイト半端無し。巻いては走られ、走られては巻いてを根気強く繰り返すことしばし、ようやく観念して海中から姿を現しました。

でかいっ!そのサイズ、ジャスト70センチ。続けてもう一枚と思いきや、ヤマセが強まり2時間足らずの短時間釣行となりました。(超残念)

20130601①

チャリコの後に思わぬ大物が・・・。

デカマダイ、そのサイズはジャスト70センチ
顔のデカさもハンパなし!この日のビックワンなり。

見事。見事な海峡のマダイを授かりました。
20130601②

僕のヒットを見て、俄然ファイトが湧いてきたメンバーです。
そしたらなんと、ヒットではあ~りませんか(笑)
見事なロッドの撓りです。“ほほほ~”
20130601③

朝、折角ヒットしたマダイをバラシてしまい、意気消沈していただけに、この1枚で喜びも倍増、超ハッピー!
20130601④

ヤマセが強くなってしまい、沖で〆ることができず、漁港に帰ってからの〆となりました。
矢張り「サビナイフ4・出刃シャチ」は強い味方ですね。
20130601⑤

「ニューサビナイフ2・サバキ3寸包丁」のガットフックで腹を割ります。
これは大いに使えるアイテムです。
20130601⑥

エラを取り除く作業も思いのままです。
エッジ性能に加え、変更されたハンドルのグリップ感がまた良いのです。
20130601⑦

「山の神・キムンカムイ」で「魚の王様・真鯛」を捌きます。
マダイとキムンカムイ、妙に似合っていると思いませんか?
20130601⑧

「キムンカムイ」強いエッジですね~。
マダイの硬い頭をいとも簡単に外すことができました。
「キムンカムイ」魚の捌きにも十分使用することができるナイフです。想像以上のパフォーマンスでした。
20130601⑨

三枚に卸していきます。
厚めのブレードながら、スムーズに食い込んでいきます。マダイの身がブレードに纏わり付くようなこともありません。(ミラーフィニッシュのおかげかな~)
20130601⑩

三枚卸し完了!
どうですか?見事に卸されたマダイの身の美しさは。
H-1鋼での「キムンカムイ」があったら、かなり嬉しいかも(笑)
20130601⑪

「サビナイフ8・MAKIRI」の直刃で柵にします。
流石に万能ブレード、使用感、実に良好です!
20130601⑫

柵が出来上がりました。
皮を引くのも頗るスムーズです。良い仕事してますね~。
20130601⑬

今晩のメニューの「アラ煮」です。
「お刺身」や「漬け」もあるのですが、このマダイ、サイズがサイズだけに「アラ煮」一品だけで十分な量になってしまいました。(カンパ~イ)


ニューサビナイフ4①