この記事は旧サイトで公開された記事の再掲載です。

2014年9月7日(日) マダイ必釣作戦!・・・しかし。

本日は「玄武丸」でワラサ狙いです。ですが、なんとしてもマダイが欲しいというメンバーのために、普段「玄武丸」では登場することのない“ひとつテンヤ”で狙うことにします。まずはテンヤでマダイをゲットして、それからワラサをたっぷり楽しもうというまことに勝手な目論見ではありますが、玄武丸の愉快な仲間4人による、マダイバトルの始まりです。(笑)
 
今日こそはベタ凪!と思っていたのですが、予報に反して強めの風と海面にはウサギが跳ねております。やっぱり今年は風の当たり年です。ポイントによっては無風状態であったり、そうかと思えば直ぐにいやらしい風が吹いてきたり、常に風が回っているようで風向きさえ定まらないといった具合なのです。挙句の果てには向かい側の下北半島の上空には、小型ではありますが竜巻が発生しておりました。幸い被害をもたらすような大型ではなく、ものの数分で消滅してしまいましたが、これも風の影響なのか~?と考えてしまいます。

 さて、肝心のマダイですが、何としても自分の手で釣り上げようと、いつものテンポよりもエビの付け換え回数を多くしながらテンヤを落とし込んで、繰り返し根気強く探っていくのですが、マダイは沈黙したまま・・・。エサ盗りの外道すらアタリがありません。他の3人のメンバーはジグで狙っているものの、時折、サバがヒットするくらいで一向に本命のマダイのヒットがありません。メンバーに諦めムードが漂ってきたのを機に、僕もテンヤでのマダイを諦め次なるターゲットのワラサを狙うことにします。ナブラやトリヤマが見えないので、ジギングでの誘いを試してみますが、これもまたアタリがありません。まさに沈黙の海峡です。キャスティングとリーリングを繰り返すこと3時間・・・。

その瞬間はいきなりきました。ジグを20メートルほど巻き上げたあたりで竿先が引っ手繰られるように絞り込まれました。はじめは落ち着きのない騒がしい感じの魚の引きにてっきりサバのヒットだと思い込み、気楽に巻き上げをしていると、それまでとは違うトルクのある引きに変わったではありませんか(驚)これは間違いなくワラサの引きです。十分に引きを楽しみながらも、油断することなく浮かせてやります。若干サイズは小型ながらも狙ったワラサを釣り上げることができました。すぐさま次を狙いますが、風と波が強くなってきたので、残念ながら今日はここまで!お疲れ様でした。

20140907①

粘ること3時間(汗)
やっと・・・、やっとのヒットでした。沈黙した海峡は手強いですぞ。
20140907②

本日、「玄武丸」の愉快な仲間4名による釣果
必釣を課せられたマダイは残念ながら超小型(泣)なかなか狙って釣れるものではありませんね(笑)
20140907③

本日唯一のワラサと「玄武丸」船長からいただいた「サバ」
「サビナイフ7・逆叉」で捌くことにします。
20140907④

頭を苦もなく真っ二つにします。カマと一緒に大根で煮付けにしようかな。美味いですよ!
20140907⑤

綺麗に捌かれたワラサとサバ
見事な切り口と身の艶をご覧ください。
「逆叉」の実力がお解りいただけることと思います。
20140907⑥

ワラサのお刺身とサバは焼にしてみました。
ワラサは程よく脂が乗っていて、お口の中でとろけます。サバはフライパンで蒸し焼きにしてみました。これだと水分が飛んでパサつくことがないので、ジュワーとジューシーこちらもまた美味!

日本酒に良く合うメニューです。いただきます!

錆びにくさ重視の包丁はこちら
サビナイフキッチン2ブラックブレード

切れ味と軽さ重視の包丁はこちら
ニャイフキッチンブラックブレード牛刀サーバルキャットver1

切れ味と刃持ちの良さ(長期間研がなくても切れ味維持)重視の包丁はこちら
紫電一閃 ZDP-189カーボン柄牛刀サーバルキャット②