この記事は旧サイトで公開された記事の再掲載です。

2015年5月16日(土) 獲物はブルー、気分もブルー・・・。

  さて、今日こそはマダイを釣るぞ!と意気込んで「玄武丸」に乗り込むのでした。今年はまだマダイを授かることができません。何かマダイに失礼なことをしたかなぁ?と考え込んでしまうほど、マダイに無視されております。毎回、今日こそは、今日こそは、そして次こそは…。これって釣り人(釣りキチ)の性なのかも知れませんね。まったく得体の知れない釣り熱、そう言えば誰だったか、そんな純粋な一途な釣りへの想いに狂い悩まされる様を、“清らかな狂熱”と表現したそうな…。賢者は海を愛し、聖者は山を愛する。であるならば、僕は一体どちらなのか?ん~、悩んでいると釣りにならないではないか。(笑)
 
 相変わらず寒い風です。ベタ凪とはいえ、気温は低く肌寒さを感じます。まだ、防寒着は離せません。沈黙した海。いつまで寡黙をとおすつもりなのか。そろそろ応えてくれてもいいではないか。願いつつキャストを繰り返します。コツン!すかさずアワセ。“ヒッ~ト!!”しかし、確実にフッキングさせたものの手応えは弱く、ロッドティップを軽く曲げただけ。残念、顔を見せたのは小物ならぬ小粒のアイナメでした。なんじゃこりゃ~。
 
 昼頃からは風が強くなる予報だったので、早く本命が欲しいなあと思いながら、キャストを繰り返します。魚群探知機で反応を探るのですが、なかなか見つかりません。思い切って大きく移動を決め込んだ「玄武丸」船長、海鳥の動きを見ながら舵をとります。

 かなりの距離を移動していくと、右前方の海面に小さな小さなナブラを発見!間髪入れずにその小さなナブラにピンポイントでキャスト。着水と同時にリーリングします。下手にジグを沈めてしまうと、折角トップ(表層)に出たお魚さんを散らしてしまいます。すると、リーリングしているジグに向かって、左右から飛沫が上がりました。途端にロッドが絞り込まれてドラグが悲鳴を上げます。

ヒットー!今年初のドラグ音に興奮します。バラシは許されません。決して無理をしないようにドラグを確認、緩めにして時間をかけてのかけ引きに持ち込みます。使用ラインは1.5号ですからね、無理は禁物。慎重なやり取りの末にようやく姿を現した立派なワラサ、獲物を授かって嬉しいことに違いはないのですが…。獲物は青物(ブルー)、マダイじゃなくて気分はブルー。待ち焦がれるマダイにはいつ逢えることやら。やれやれ。(汗)

20150516①

ワラサを授かりました。でも、なんか複雑な気分…。嬉しくはあるのですが、なんだかな~。
ピンポイントでのナブラへの狙い撃ち!“スポット・スナイパー”とでも呼んでね(笑)
20150516②

ワラサを〆ます。
使うは勿論「サビナイフ4・出刃シャチ」
中骨を切断!強靭なエッジがなんとも頼もしいのです。
20150516③

マダイも〆ます。
床に血が広がっています。これって、うまく血抜きができているということなのです
。野蛮だなんて言わないでね。
これで美味しくいただくことができるのです。
20150516④

ソイも〆ます。ちょちょいとね(笑)
小型ながらもプリプリです。
20150516⑤

本日、「玄武丸」の愉快な仲間たち5名での釣果…。
全部〆てやったぜぃ。
そして次こそは、と思う僕なのでした。
20150516⑥

さて、ワラサを捌こうかな。
「サビナイフ4・出刃シャチ スタッグ」の登場です。
20150516⑦

頭を落とし、腹を抜き、三枚卸しにします。
骨の感触を伝えながら何の抵抗もなく、ブレードが身に滑り込むようです。
すばらしい切れ味なのです。
20150516⑧

腹骨にブレードを当てながら、腹骨を除きます。
ブレード厚がありながらも、腹骨を削ぎ落す絶妙さを「出刃シャチ」は簡単にこなしてくれます。
20150516⑨

皮を引きます。
出刃のブレードで、こんなことも簡単にできるのです。ポテンシャル、グッドですね~。
スタッグの握り心地の良さを実感させてくれますね。
20150516⑩

男節(おぶし・背側)と女節(めぶし・腹側)に捌きました。どうですか、綺麗なものでしょ。
「出刃シャチ」のみの使用でここまで捌くことができるのです。っていうか、お刺身までも可能なのですよ。
20150516⑪

流石は「出刃シャチ」切り口の見事さ、どうですか?このパフォーマンスをご覧あれ!
頭とカマは「アラ煮」ですね。
20150516⑫

「アウトドア・サシミ」でお刺身に仕上げます。
切れ味の証し、切り身の角が立っております。
20150516⑬

定番の「お刺身」に「漬け」、それと「漬け巻き」の完成で~す。
今夜は、日本酒でいただくことにします。

◎サビナイフ4・出刃シャチ スタッグ

◎アウトドア・サシミ

相変わらずいい仕事してますね。お見事!


ニューサビナイフ4①